基本操作

ヘルプを開く「H」
設定パネルを開く「スペースキー」
カメラの平行移動「W」「A」「S」「D」 または 「カーソルキー」
(左シフトキーを押している間は速度上昇)
カメラの前後移動「R」「F」または「マウスホイール前後」
(左シフトキーを押している間は速度上昇)
カメラの角度変更「左シフトキー」を押しながら「マウス移動」
カメラの画角変更「T」および「G」
3Dモデルを回転「Z」「X」
(左シフトキーを押している間は速度上昇)

設定パネル

① こっちみんなモードONにするとキャラクタがカメラを見つめるようになります
(こっちみんなモード時は一部のアニメーション再生が無効化されます)
② コメント字幕パネル表示/非表示切り替えONにするとコメント字幕パネルが表示されます
③ 背景色スライダー背景色を変更することができます
クロマキー合成をするときにここを調整すると綺麗に合成できます
④ コメントバッファ長コメントがたくさん来て読み上げが追いつかない時、コメントを無視するかどうかの設定です
バッファ長以上の数のコメントを受信した時、古いコメントの読み上げをスキップします無視します
⑤ 発声と口パクのタイミング調整口パクと棒読みちゃんの発声がズレてしまう時に設定して下さい
棒読みちゃんとVoiceroidを連携しているときは+500ミリ秒程度に設定すると良い具合になります
(環境によって適正値は変わります)
⑥ コメントの感情解析切り替えONにすると受信したコメントを解析し、内容に合ったアニメーションをしてくれるようになります
例)
  • 「かわいい」「上手」といった賞賛コメントで照れる
  • 「期待」「wktk」といった期待コメントでガッツポーズする
  • 「どうして?」といった疑問コメントで首を傾げる
⑦ ネガティブコメントの読み上げ拒否感情解析の結果、批判や暴言と判定されたコメントを読み上げなくします
⑧ 読み上げテンプレート指定したテンプレートにしたがってコメントの読み上げを行います
コテハンも読み上げさせたい場合に設定してください
テンプレート記号として、%text%(コメント本文)%name%(コテハン名)%name_san%(コテハンがあった時のみ「さん」付けする)が使用できます
例)
  • コメント本文のみを読み上げる → %text%
  • コテハンとコメント本文を一緒に読み上げる → %name_san%「%text%」
⑨ 設定保存現在の設定パネルの内容を保存します
設定はキャラクタ毎に個別に保存されます
⑩ カメラリセットカメラを初期位置に戻します
⑪ 棒読みちゃん連携ボタンONにすると棒読みちゃんを使用して発声します
みくみくまうすから読み上げをさせたくない場合はOFFにしてください
⑫ 声質の種類選択棒読みちゃんの声質を選ぶことができます
「デフォルト設定を使う」の場合は棒読みちゃん側の設定に従います
⑬ 読み上げ速度棒読みちゃんが読み上げる速度と口パクの早さを変更できます
棒読みちゃんとVOICEROIDを連携させている場合は、VOICEROID側の読み上げ速度と合わてください
(VOICEROID側の読み上げ速度が『1.2』 → みくみくまうすの読み上げ速度を『120』にする)
⑭ 音程棒読みちゃんが読み上げる音程を変更できます
⑮ 読み上げprefixVoiceroidTalkPlusを使ってVoiceroid連携する際の接頭辞(Command)を指定することができます
⑯ コメントカラーフィルタチェックしている色のコメントのみを読み上げるようになります
みくみくまうすを複数同時使用したい場合に設定してください
キャラクタ別に読み上げるコメントの色を設定することで、リスナーが読み上げさせたいキャラを選べるようになります
⑰ 割込コメント読み上げ設定割込コメント(運営コメント)を読み上げるかどうかを指定できます
割込コメントはコメントの順番を無視して最優先で読み上げます

デスクトップマスコットモード

デスクトップマスコットモードではMMDモデルが直接デスクトップ上に描画されるようになります


多重起動時の設定

みくみくまうすを多重起動することで、複数キャラを同時に配置して配信することができます
※みくみくまうすの多重起動はPCに大きな負荷となります マシンスペックを考慮した上でお使いください

コメントカラーフィルターを使い、どのキャラが何色のコメントを読み上げるかを設定してください
また、棒読みちゃんとVOICEROIDの連携にVoiceroidTalkPlusを使用している場合は
読み上げprefixに接頭辞(「c)」や「p)」など)を加えることで読み上げるVoiceroidを指定することができます